中古車オークションの利用方法

中古車の購入にはオークションを利用する方法がありますが、基本的には業者間の取引となるためユーザ側が直接応札することができない仕組みとなります。

オークションを利用するには代行業者に依頼するのが基本となりますが、代行業者にも色々な運営方法があるため、利用にあたり業者の特性を把握することが大切です。



取引の方法には直接オークション会場で行う方法とインターネットを利用する方法がありますが、実車を確認できるかどうかの違いがあるため、目的に応じて選ぶことが大切です。



ファーストカーとして利用する場合には信頼性が重要ですし、セカンドカーとしての購入では妥協点も出てくると言えます。

楽天市場の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

基本的には走行可能な状態で出品されていますが、落札して工場に入れてみなければ判断できない場合が多く、コンディションの把握は難しいといえます。

中古車オークションで購入する際には落札の方法も重要ですが、費用に関しても重要な部分となります。落札すると手数料や運搬費用などが掛かりますが、依頼した際の見積もりにどこまで含まれているのか確認することが大切です。
中には点検整備費用が含まれている場合もありますし、オークション会場に支払う手数料や車両の運搬費用しか含まれていない場合もあります。

中古車オークションで購入した車は、基本的には車両代金のみとなりますので、車検を取ったり名義変更の費用は含まれないのが普通です。


安く落札できても、車両のコンディションによっては中古車販売店で購入するのと差がない場合もあるのです。